【貯金方法はこれだけ!】絶対に失敗しない”貯金方法”

皆さん毎月貯金をしていると思います。

中には「毎月貯金予定だったお金にまで手出してしまい中々お金が貯まらない」という状況の方もいるでしょう。

「貯金の方法」は人それぞれ違うと思いますが、皆さんはどのような方法で貯金を行っていますか?

もし、貯金が中々上手く行かないという方は「間違った貯金方法」を行っているのかもしれません。

僕も元々は貯金が上手く出来ない人でしたが、貯金の方法を変えることで自然と貯金に成功する事が出来ました。

そんな方の為に今回は「失敗しない貯金方法」について解説していこうと思います。

失敗しない貯金方法

僕の中では「最も再現性が高く、最も失敗しない貯金方法」はこれしかないと思っています。

それは「先取り貯金」です。

先取り貯金とは、給料が入った段階で「先に取る」貯金方法です。

「先取り貯金」と「一般的な貯金」の違い

では実際にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

【 一般的な貯金方法の場合 】

30万円の中からやりくりをする → 余った分だけ貯金をする

【 先取り貯金の場合 】

給料日に先に5万円を別の口座に移す → 残りの25万円でやりくりする

一般的な貯金方法の場合「余った分を貯金に回そう」という考え方の為、必要以上にお金を使ってしまい「結局余らない」という事が起きます。

逆に先取り貯金の場合、既に貯金はしてあるので残りのお金は全額使っても大丈夫という事になります。

先取り貯金のメリット

では先取り貯金にする事でどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 貯金の成功率が高い
  • 使い過ぎを防げる
  • 先の予定を立てやすい

先に別の口座にお金を移す事で「使い過ぎを防ぐ事ができ貯金の成功率を格段に上げる」ことが出来ます。

それに加え、先取り貯金の場合は固定の額を貯金をしていく事で「何ヶ月後にいくら貯金できているか」を把握出来る為先の予定が立てやすくなります。

「〇〇円貯まったら旅行に行こう」というのではなく、

「半年後には〇〇円貯まっているから旅行に行こう」

と先に貯金を把握することができ、予定を立てやすいです。

この方法なら僕でも貯金に成功出来そうだよ!

ただ先取り貯金にも気を付けるべき事があるよ!

これを理解しておかないと、先取り貯金でも失敗してしまう恐れがあるよ。

先取り貯金の気を付けること

気を付ける点
  • 簡単に引き出せる口座に貯金するのはダメ
  • 貯金する金額は余裕を持った額にすること
  • 毎月の平均支出を把握する

簡単に引き出せる口座に貯金するのはダメ

簡単に引き出せる口座に入れておいてしまうと「足りなくなっても下ろせばいいや」という気持ちが出てきてしまいます。

その為「すぐには下ろせない口座に入れておく」か

夫婦の場合「奥さんだけが管理する」などの方法を取ると良いと思います。

貯金する金額は余裕を持った額にすること

2つ目の気を付ける点は「先取り貯金する額は余裕を持った額に設定すること」です。

貯金したいと思っている人は「つい無理な金額」を設定してしまいガチです。

無理な額を貯金してしまうと継続できなかったり、結局月末に引き出すハメになったりしてしまいます。

なので、生活費が少し贅沢しても余裕で余るくらいを目安に「先取り貯金額」を設定してみましょう。

先取り貯金をする前に

先取り貯金をする前に、毎月の平均支出を把握する必要があります。

平均支出を把握していないと「先取り貯金額」を決める事が出来ません。

まずは毎月の支出管理をしてから先取り貯金を実践して見てください!

10 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。