iDeCoや積立NISAにおすすめの証券口座

積立NISAやiDeCoを含めて投資を始めたいと思った際に、証券口座をどこで作ればいいのか悩んでしまうかと思います。

そんな方に向けて様々なメリットがあり、実際に使ってよかった証券口座「楽天証券」について解説します。

楽天証券とは

楽天証券とは、インターネット通販大手である「楽天」系列のネット証券会社です。

楽天ユーザーへのメリットや手数料の安さ、簡単で分かりやすいサービスなどの理由により、2020年9月には総合口座開設数が500万口座を突破しました。

これは、証券会社の中でも異例の伸び率と言われており、大手証券会社と並ぶほど、多くの人に選ばれ続けています。

また、楽天証券は充実したサポート体制や少額投資が可能なことから、投資初心者からの支持が厚いことが特徴です。

新規口座を開設した人のうち、投資未経験者は44%であり、気軽に始められるオンライン証券として人気があります。

日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP601857_V11C20A2000000/

人生100年時代で「老後2000万円問題」がある中、投資は資産家のためだけの活動でなく、どんな方にも必要な時代になりました。

投資初心者へのサービスが充実している楽天証券は、今後もさらに伸びていくことが予想されます。

楽天証券を選ぶメリット

これほど多くの人に選ばれ、急成長する楽天証券の魅力について説明します。

楽天証券を選ぶメリットは以下の6つ。

楽天証券を選ぶ6つのメリット

・ポイントがザクザク貯まる

・月100円から投資にチャレンジできる

・楽天ポイントを使って投資も可能

・楽天銀行との連携で金利の優遇あり

・取引手数料が安く継続しやすい

・日経新聞や四季報などが無料で読める

詳しく説明していきます。

ポイントがザクザク貯まる

楽天証券には、楽天ポイントが貯まりやすいサービスが充実しています。

参照元;https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/point/

ポイントの貯める方法については後半に詳しく説明しますが、投資初心者で積立から始めたい方は非常にお得です。

例えば、つみたてNISAで非課税枠の上限である月3万円3333円ずつ積立した場合、年間で約4000ポイントも貯まります。

参照元:https://media.rakuten-sec.net/articles/-/29262?page=3

投資を始めるなら運用益だけでなく、ポイントでの貯蓄も併用しましょう。

また、使い道がなければ余ったポイントをさらに投資に回すことも可能です。

月100円から投資にチャレンジできる

楽天証券では100円から投資にチャレンジできます。

投資初心者にとってはまだまだ運用は怖い、という印象の方も多いはず。

最初は大きく損するんじゃないかと不安だったよ、、

Leaf
Leaf

そうだね。できるだけ損はしたくないけど、勉強がてら少額から挑戦できれば一番いいよね

そういった声を元に、楽天証券は2017年より業界最低水準の100円からの買付けが可能になりました。

また、投資初心者が少額から投資に挑戦できるメリットだけでなく、以下のような方にもおすすめです。

・投資経験が浅い方

・特定のファンドを選べない方

・月1000円の積立で銘柄を分散させたい方

・分配金などで端数が出て気になる方

・ポートフォリオの投資比率を細かく設定したい方

参照元:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20170512-01.html

楽天ポイントを使って投資も可能

楽天証券では楽天ポイントを利用して投資に挑戦することもできます。

特に以下のような方におすすめです。

・現金では一切損をしたくない

・投資って難しそうなイメージがある

・興味はあるけど怖くて手が出せない

・有効期限間近のポイントが残っている

楽天ポイントを使うことで、万が一、損が出た場合でも現金が減ることはないため、ノーリスクで投資に挑戦できます。

楽天銀行との連携で金利の優遇あり

楽天証券と楽天銀行を連携させること(=マネーブリッジ)で普通預金の金利の優遇があります。

参照元:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/moneybridge/

仮に、200万円を普通預金に1年間預けたとすると、都市銀行だと金利は20円に対し、マネーブリッジ適用後だと金利は2,000円。

毎年これだけの金利差が積もれば、資産にも大きな差が出てきます。

投資だけでなく、普通預金として置いておくのも「楽天証券×楽天銀行」が断然お得です。

取引手数料が安く継続しやすい

楽天証券で取り扱う2600本以上の投資信託は、すべて買付手数料が「無料」です。

銀行では商品によりますが、基本的に買付時に3.3%の手数料がかかります。

その点、楽天証券なら資金の全額を投資に回すことができます。

3万円の手数料って結構大きいよね。これが無料は嬉しいな。

その他、国内株式、国内ETF、REITなども買付手数料が無料です。(条件あり)

参照元:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/commission-free/#skip04

日経新聞や四季報などが無料で読める

楽天証券は投資情報も豊富で、日経新聞や四季報も無料で読めます。

積立のように長期で置いておくなら必要ないかもしれませんが、売買するなら、投資情報は判断基準として必須です。

楽天証券ならスマホアプリ「iSPEED」を使えば、重要な情報は基本的に網羅できます。

その上、シンプルでわかりやく、中には楽天証券のアプリを利用したいがために口座開設する人もいるほど。

提供される情報は一部でもこれだけあります。

・株価や株式市場の最新情報

・ロイター・ニュース配信

・株式新聞速報ニュース

・日経テレコン21(楽天証券版)

・会社四季報

その中でも、特に使いやすくて評判が高い「日経テレコン21(楽天証券版)」は過去1年分の新聞記事検索などの機能も付いてきます。

情報収集はGoogleで調べるよりも、楽天証券アプリがあれば、そこだけで完結できます。

楽天証券の口座開設の手順

これだけ多くのメリットがある楽天証券。

すぐに始めたいと思っても、申請が完了まで少し時間がかかります。

まずは口座開設だけでも先にしておきましょう。

口座開設の手順はこちらです。

楽天証券の口座開設手順

本人確認のために、運転免許証かマイナンバーカードをご用意ください。

①メールアドレスを登録

②本人確認

③お客様情報入力

①メールアドレスを登録

まずはこちらのURLから口座開設へ進みます。

▶︎https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天会員の方は、ログインをした後、メールアドレスの確認を行います。

まだ、楽天会員でない方は、会員登録してから同様の流れで進みます。

②本人確認

メールアドレスからログイン後、運転免許証かマイナンバーカードの撮影をします。

指示に従って、カードの表面、カードの厚み、カードの裏面をカメラで撮ります。

その後、ご自身の顔写真も本人確認として自撮りします。

手ブレや暗い場所だとなかなか反映しないため、自宅の明るい場所で行うことをおすすめします。

③お客様情報入力

最後にご自身の情報を入力します。

名前や住所、電話番号などを入力すれば完了です。

最短5分で口座開設できます。

楽天証券を活用したポイントの貯め方

楽天証券を始めるなら、ポイントの貯め方についても知っておきましょう。

楽天証券は買付時や残高に応じてポイントがつきます。

同じ商品を買うならポイントが付く方がお得だね!

楽天証券でのポイントの貯め方は大きく分けて以下の4つです。

①積立投信に楽天カードを利用する

②投信残高に応じて貯まる

③ハッピープログラムを活用する

詳しく解説していきます。

①積立投信に楽天カードを利用する

楽天証券では、投信積立に「楽天カード」を利用すると投信購入時に100円につき1ポイント還元を受けられます。(月5万円の上限あり)

将来の貯蓄のために、つみたてNISAや積立投信を検討している方にはおすすめです。

また、上記でも触れましたが、つみたてNISAの枠(年間40万円)をすべて楽天カード決済にした場合、最低でも1年間で4,000ポイント以上貯まります。

その上、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を使えば、お買い物をする度に「+1倍」が付くので、楽天ユーザーにとっては非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

②投信残高に応じて貯まる

楽天証券では、投資信託残高に応じて毎月ポイントが付与される「投資信託資産形成ポイント還元サービス」があります。

その月の投資信託残高が50万円以上だと毎月50~1,000ポイントがもらえるという仕組みで、残高が積み上がるほど多くのポイントがもらえます。

投資信託を始めたばかりの頃は残高が50万円以上は難しいと感じるかもしれませんが、つみたてNISAなど長期で積立を続けるなどすれば、残高は自然と増えるため、毎月100ポイント、150ポイント付与されることも十分可能です。

参照元:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/rfund/guide/long_term1.html

③ハッピープログラムを活用する

ハッピープログラムとは、楽天証券と楽天銀行を連携させること(=マネーブリッジ)で、優遇を受けられるサービスのことです。

エントリーするだけで取引ごとに楽天ポイントが貯まるだけでなく、楽天ポイントを振込手数料に利用できるようにもなります。

また、楽天銀行残高によってステージ分けがされており、最も高いステージでは楽天ポイント倍率が3倍、ATM手数料が7回/月無料、振込み手数料も3回/月まで無料になります。

参照元;https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/

楽天銀行の預金残高が高額でなくても、投資信託残高が最低10万円以上あれば、毎月10万円ごとに4ポイントもらえるサービスがあります。

置いておくだけで勝手にポイントが貯まる仕組みはいいね!

leaf
leaf

そうそう、あと、ポイント倍率が上がるので楽天市場でよくお買い物する方にはかなりおすすめだよ!

ただ、ハッピープログラムが適用されていると、先程紹介した「資産形成ポイント還元サービス」は併用できませんので注意してください。

資産形成ポイントは投資信託残高が50万円以上でないと貰えないため、50万円まではハッピープログラムを適用させるほうがお得です。

50万円を超えれば、楽天市場をよく利用されている方はハッピープログラムの方がお得なので切り替えましょう。

楽天証券・まとめ

・ポイントがザクザク貯まる

・月100円から投資にチャレンジできる

・楽天ポイントを使って投資も可能

・楽天銀行との連携で金利の優遇あり

・取引手数料が安く継続しやすい

・日経新聞や四季報などが無料で読める

以上より、楽天証券は楽天ユーザーや投資初心者には、非常にメリットが大きいことがわかります。

口座開設自体は5分で終わりますので、投資を始めてみたい方、少額やポイントでの投資に挑戦してみたい方はまずは口座開設をしてみましょう。