iDeCoとは?メリット・デメリットを解説


皆さんは老後に不安などを感じていますか?

日本の年金制度は崩壊しています。

もし、年金が貰えたとしても「2000万円~4000万円」老後に貯蓄が必要と言われています。

ではどのようにして我々は「貯蓄」をしていけば良いのか。

そこでよく出てくるのが「iDeCo」や「つみたてNISA」などの制度です。

つみたてNISAについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

今回は「iDeCo」について紹介していきます。

» この記事を読む

iDeCoとは

iDeCo自体はただの「口座」です。

※ちなみに「iDeCo」は「個人型確定拠出年金」の別名です。

※専用口座のだと認識しておきましょう

その「口座」を使って何ができるのか?

「毎月お金を積み立てて、投資などでお金を運用し、60歳を超えたらお金を受け取れる」 という流れで利用できます。

iDeCoでは「定期預金」としての積み立てや、 積み立てたお金で「投資信託」を購入する事もできます。

「投資なんかわからない..」 という方は「定期預金」のみの利用もできます。

「じゃあ普通の口座に積み立てていけばいいのでは..?」と思いますよね。

そこにiDeCoの大きなメリットがあるのです。

まずはiDeCoの概要を見ていきましょう!

iDeCoの概要

iDeCoとは?   : 私的年金制度
利用可能な人    : 20歳 ~ 60歳まで
年間投資上限額   : 14.4万円~ 81.6万円まで (職業などにより変動)
運用期間      : 60歳まで
資産の途中引き出し : 60歳まで不可
税金        : 所得控除の対象となる
運用利益      : 非課税
受取時       : 課税

概要だけ見てもよくわからないと思いますので、

「どんなメリット・デメリット」があるのかについて見ていきましょう!

iDeCoのメリット

iDeCoでは積み立てた金額が全額「所得控除」になります。

所得控除になると毎月の給料から支払う税金が安くなります。

その分をiDeCoに積み立てておけるという事です。

税金が安くなった分を「定期預金」や「投資」に回せるというイメージです。

本来、投資をしようと思ったら税金がかかります。

ただ「iDeCo」では所得の「控除の対象」となります。

それに加えて運用利益も「非課税」です。

会社員の税金は 「給与 – 控除 = 課税所得 」 で決まっています。

会社員が税金を安くするには「控除を下げる」しかありません。

そこで「iDeCo」を使うことで「控除」を増やす事ができるので 支払う税金が安くなるということです。

iDeCoのデメリット

iDeCoのデメリットは「資産の引き出しが60歳まで出来ない」ということ。

一度契約をしてしまうと、もう解約できないという点が一番のデメリット且悩みどころになるのかなと思います。

iDeCoの注意点

運用益は非課税だが、受取時に税金がかかるということ

(税制優遇により通常支払うべき税金よりは少ない金額ではありますが。)

まとめ

iDeCoの特徴まとめ

・iDeCoでの「積立」や「投資」は「控除」の対象になる為、節税にもなる

・資産の引き出しが「60歳まではできない」点には注意が必要

毎月の税負担が大きい方は、「iDeCo」を使う事で 普段税金として支払っている額を減らす事ができ、 投資にお金を回す事ができるのでおすすめです。

「結論、入った方がいいのか?」 という事について

個人的には「人それぞれ」かなと思います。

「いつでも自由に引き出せた方が安心」という方もいると思いますし、

「老後に安定した資金を絶対残したい!」という方もいると思うので ご自身にあった方向で検討してみると良いかなと思います。